病室の様子

糖尿病治療における注意点

糖尿病治療における注意点はたくさんあります。
その中の一つが食事療法の際のコレステロールや不飽和脂肪酸などの脂質の摂取量の制限です。
糖尿病になってしまうと、いろいろな病気との合併症が起こりやすくなります。
その中でも血管合併症と呼ばれる心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの血管の病気は糖尿病との合併症においては、重症になりやすく治療が難しいことがわかっています。
このような病気は血中の脂質が原因となっています。

脂質が血管内に溜まりやすくなっており、それが血管を詰まらせてしまって病気を引き起こします。
これを防ぐためには、脂質の摂取量を減らすことが非常に重要です。
そのために食事療法の際に糖分だけでなく、コレステロールや飽和脂肪酸などの脂質の摂取量もコントロールしなければなりません。
このように糖尿病に一旦かかってしまうと、食事の楽しみを減らすことになり、QOL(生活の質)を落とさざるを得ません。

また、食事療法もしっかりと医師の支持を仰ぎながら行わないとまた別の病気の原因となってしまうこともあります。
糖尿病治療における注意点は他にもたくさんありますので、自分の知識だけでなく、専門の医師としっかりとタッグを組んで治療することが大切です。

Latest Post