肥満は糖尿病と関係している

会社の健康診断でもBMIの検査があるように、肥満には数々の病気が隠れていることがあります。
中でも代表的なのが糖尿病です。
肥満と糖尿病は密接に関係しています。

糖尿病は血液中の糖分を細胞に取り入れる役割を果たすインスリンの分泌に異常が出ることに原因があります。
肥満の人は大量のインスリンが必要となるため、インスリンを分泌している膵臓の機能が低下してしまいます。
そのため、高血糖状態となるのです。
このため、肥満の人がかかりやすい病気と言えます。

ただし、痩せている人にも糖尿病の人はいます。
内臓脂肪がたまっている場合も、この病気にかかりやすい一因となります。
また、太っているからといって必ずかかっているものではありません。
肥満体型に見えても適度な運動を積極的にやったりして健康的な体作りをしている人はたくさんいます。

糖尿病は、その病気自体よりも関係して引き起こされるその他の病気が恐ろしいものです。
視力のダウンや失明の原因となったり、腎臓の機能に障害が出て人工透析が必要となったり、脳梗塞や狭心症の原因にもなります。
健康な人に比べて認知症が起きるリスクも高くなりますし、感染症にもかかりやすくなります。
今はよくても今後に大きな影響が出てきます。
しかし、糖尿病はコントロールができる病気です。
治療と自己管理が一生必要となりますし、食事療法や薬による治療で面倒なこともあります。
しかし、うまく付き合えば普通の生活を送ることができます。

できるだけ長生きするためにも、肥満と糖尿病の関係を知り、肥満にならないように自己管理をしていくことが大切です。
痩せるために過度にダイエットをする必要はありませんが、少し食事に気を付けて運動をすればよいだけです。

Latest Post